どうも、よしかわです。激動な2020年を過ごしたので、今年もより一層精進していきます。

去年のことは、以下の記事にまとめています。

2020年サマーインターンの選考結果

2020年を振り返る

目標

今年の目標は、挑戦する回数を増やすことです。 具体的に、以下のことを目標にします。

  • 海外の流行や技術レベルを知る
  • 実装力を身につける
  • プレゼンテーション力を上げる

海外のトレンドを知ることは、エンジニアにとって必要不可欠なものとなるでしょう。 エンジニアリングをする上で、英語は避けられないため英語ドキュメントを恐れずに読んでいきます。

また、大学院生活を充実させるために、研究に励みます。 国際会議に採択されるほどの技術力を身につけ、プレゼンテーション能力の向上を図ります。

上記の目標を達成するには、各企業のテックブログや、ドキュメント、技術書を読み、情報のインプットをする必要があります。

計画

  • 国際会議に2本の論文を提出する
  • 本を年間50冊読む
  • 競技プログラミングになるべく毎週参加する
  • 1ヶ月に4本のブログ記事を公開する
  • テストコードを書く

今年は、国際会議に2本提出する勢いで研究をしていきます。 大学院生として、悔いのないように過ごすには、8月までの間に検証および評価を終えられるように準備します。

本は、先人が経験した知識の宝庫です。ゆえに、本を年間50冊読みます。 1ヶ月で4冊以上とハイペースですが、試みます。 書物のジャンルは、技術書、ビジネス書、自己啓発書など多岐に渡るので、2021年の振り返りの際に一挙公開します。

先日、ブログ記事にしましたが、競技プログラミングを習慣として取り入れます。 理由は、実装力と想像力の強化です。あとは、数学とコンピュータ・サイエンスをもっと好きになりたいからです。 詳しくはこちらで閲覧できます。Go言語で競技プログラミング始めました

アウトプットの機会を増やすために、1ヶ月に4本のブログ記事を公開します。 1週間に1つ記事を書けば大丈夫かと考えると、これも大変そうですね。 自身をプレゼンテーションすることにつながるので、文章力の向上に努めます。

最後に、2020年に取り組んでて良かったことを2021年でも頑張りたいので「テストコードを書く」を採用しました。 研究や個人開発にテストコードを導入していきます。 僕の場合ですが、実装スピードを上げるとミスが目立ちます。 だからこそ、テストコードを書いてキレイなコードにリファクタリングすることを心がけます。 大学院生活も、この1年で終わるので、後輩にしっかりと動くプロダクトを提供することを念頭に開発していきます。

まとめ

2021年は、チャレンジ精神旺盛でいきます。 チャレンジをすることは、人に多大なる迷惑をかけることになるでしょう。 迷惑の分だけ、感謝と他の人を許して生きていきます。 どんどん、恩返ししていくぞ。

人がオススメすることを、どんどん取り入れていきたいと思います。 インターンシップでお世話になった人々がオススメしてくれた本を読み漁ります。

こんなポンコツですが、これからもよろしくおねがいします。 最後まで、読んでいただきありがとうございます。

合わせて読みたい

楽天 インターンに参加しました

サイバーエージェント インターンに参加しました

マネーフォワードのインターンでコンテナイメージ脆弱性検査

About the author

モバイルネットワークについて研究をしている。現在、ネットワークが抱えている問題を解決するための技術を研究室独自で開発中。 高校からの親友と2021年に起業することを決めている。また、2021年に自身の会社を立ち上げる予定である。