暇なうちに振り返らないと2021年になってしまうので、高速で振り返ることにする。

書き忘れもあるだろうから、追記していくが許してほしい。

1月

この月は、とても短かったように感じた。卒論を書いていて、気づいたら1月が終わっていた。

卒論の提出が1月31日(金)だったので、ずっと研究室に泊まり込みだった。

また、1月1日にNCSPという国際会議に採択の通知があったので、4ページ論文を15日までに仕上げないといけなかったのもある。

本当に、学部生の中で一番辛かった時期。

卒業された先輩や1個上の先輩には頭が上がらないくらい、僕に対して時間を費やしてくれた。

2月

2月13日に卒論発表があるので、中旬まではずっと発表練習をしていた。

また、この頃に高校からの親友とやっていたことの成果が芽吹いてきた。

2月24日から国際会議の開催場であるハワイに、先輩たちと先生とで出張に。

この頃から、コロナウイルスが流行りだした。

3月

3月5日に帰国。しばらくは、外出せずに研究していたことを鮮明に覚えている。

卒業式も中止になったし、色んなことが中止になったりするだろうなと思ってた。

4月

Zoomでミーティングが増えた。もちろん、研究室外のことも。

サマーインターンについて考え始めたのはこの頃から。

サポーターズくらいしか使ってなかった気がする。

大学院生になったこともあり、色々な経験をした。

先生のお手伝いをしたり、学部生よりも研究性を求められていることも理解してきた。

5月

こっから逆求人イベントが週に1回ほどで入ってた。めっちゃ疲れたのを覚えている。 ほぼ休みがなかったので、コロナウイルスのことを考えると恵まれていたのかもしれない。

5月22日にTreasure2018組でオンライン飲み会をした。20人くらいは集まったのかな。突発的に、りょーたろーと話していて開催が決まった。 俺自身の人生、こんなことがいっぱいある。 本当に楽しいことは体が勝手に動いている。

6月

大学院の課題に追われる日々。今年は雨が多かった気がする。

週1ペースで企業と面談が入ってる。この頃から、インターンが決まっている。

Sansanとマネーフォワードのミッションやビジョンに共感していたことを覚えている。

6月30日にGCCEという国際会議に論文を提出。

7月

地元や大学周りでも感染者が出始めて、学校の封鎖があった。 オンラインでの講義は、とても新鮮であったとともに、俺の常識は非常識になりつつあった。

Yahoo! Japanの面接が多くなった。また、Yahoo! Japanと同様に期待していたCyberAgentの面接もこの時期だった。

7月31日にGCCEの採択通知がきた。初めて5ページ論文を書いた。前回のNCSPよりも1ページ多かったが、先生や先輩、同期と共に乗り越えたのを覚えている。

8月

前半は、大学院生としての役割であるティーチングアシスタントの業務に追われていた。

8月5日にドワンゴと座談会。8月13日にZOZOテクノロジーズと面接。ZOZOとの面接はメチャクチャ面白かったのを覚えている。

楽天のインターンシップが8月18日から28日まであった。

9月

9月3日から11日までCyberAgentのインターンシップがあった。このときに、以下の2点を実装した。

9月15日から30日までマネーフォワードでインターンシップをした。

電子情報通信学会ソサイエティ大会で発表をした。国内会議では初めての登壇。マネーフォワードには感謝しています🙏

10月

10月5日から30日までSansanでインターンシップをした。

しかし、僕のせいで、前半の2週間はGCCEのプレゼンテーション発表の準備に…

Sansanには、多大なるご迷惑をおかけしました…本当に作法を教えていただき、一番感謝しています。

10月15日にGCCEで登壇。英語での発表はめっちゃ緊張する。

11月

11月4日から24日までZOZOテクノロジーズでインターンシップをした。

合計5社のインターンシップが終わり、自分が何をしたいかの軸がクリアになってきた。

自分の軸を中心に、4社の本選考を受け始めた。

12月

2日に本選考の見送りを頂いた。本当に悔しかったのと同時に、面接で事業領域外の話をしたのはよろしくなかったと反省。

4日に最初の内定を頂いた。また、10日に2つ目の内定を頂いた。

内定もらって、各社に迷惑をかけるのも申し訳ないので、自ら本選考を2社辞退した。

内定をもらった2社には、大変お世話になったし、この恩を大事にしていこうと強く決めた。

合わせて読みたい

楽天 インターンに参加しました

サイバーエージェント インターンに参加しました

マネーフォワードのインターンでコンテナイメージ脆弱性検査

About the author

モバイルネットワークについて研究をしている。現在、ネットワークが抱えている問題を解決するための技術を研究室独自で開発中。 高校からの親友と2021年に起業することを決めている。また、2021年に自身の会社を立ち上げる予定である。